トップ «前の日記(2006-12-13) 最新 次の日記(2007-01-05)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2007-01-01 明けましておめでとうございます

_ 今年も宜しくお願い申し上げます

2007年を迎えました。4月にカナダに来て、長かったような短かったような、何とも言えない不思議な時間を過ごした気がします。僕は何をするにも慣れるまで時間が掛かる方なので、最初の半年くらいは英語はもちろんのこと、それ以外の様々なことに関してもストレスを感じていました。自分の「肝の座らなさ加減」(こんな言葉があるのかどうかは知りませんが)には自分でも呆れるほどですが、おかげさまで最近になってようやく自然体で過ごせるようになってきました。

年越しは、普段から仲良くさせて頂いている日本人の方のおうちに、ウォータールー在住の日本人やカナダ人で集り、15、6人で賑やかに過ごしました。皆で持ち寄った刺身やお寿司、そして年越しそば、やっぱり日本食はうまかった!カナダでこんな日本風の年越しが出来るとは思っていなかったので、しみじみとありがたいなあと感じました。小さい子供達がはしゃぐのを見たときは、自分が小さかった頃に年末・正月に親戚で集るのがとても楽しかったのを思い出しました。あの頃はコタツに入って、親戚達がワイワイ言っている声を聞きながら眠るのがとても好きだったなあ。

元日は妻が作ったおせち料理とお雑煮を食べ、ここでもやっぱり日本食はいいなあと再度確認しました。これで温泉があれば最高なんですけどねえ。僕が知る限り、カナダ人でも日本で温泉に行ったことのある人は「また行きたい」と皆言っていたので、あの良さがわかるのは何も日本人ばかりじゃないようです。そりゃそうですよね。あの良さは文化とかに関係なく、体で感じることですもんね。是非カナダにも銭湯でもいいから作って欲しいものです。それからもうひとつ、当たり前だしわかっているけれど、神社がないのは残念。初詣に行かないと、何というか、やるべきことを済ませていない感じがするんです。仕方がないので、日本の方角を向いて拍手を打っておきました。

さてさて、海外学振の任期もあと1年3ヶ月。残りの期間、やり残したことのないように自分の直観を信じて突っ走ってみようと思います。今年も宜しくお願い申し上げます。


トップ «前の日記(2006-12-13) 最新 次の日記(2007-01-05)» 編集