トップ «前の日記(2006-11-26) 最新 次の日記(2006-12-04)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2006-12-02 クリスマスパーティー

_ ちょっと早いが

今日はペリメーターのクリスマスパーティーだった。ちょっと気が早い感じもするが、この時期にやる企業も多いみたいだ。会社がクリスマスパーティーを企画するのはこっちでは当たり前らしい。こういうパーティーには正装をして行くものらしいので、僕も久々にスーツを着ることが出来、何だか嬉しかった。僕はスーツが好きで、日本でも会社勤めでも無いのによく着ていたのだが、カナダではスーツだとかなり浮いてしまうのでカジュアルな格好をせざるを得ず、残念だったのだ。それに今の時期ともなるとやたら寒く、ファッションより機能性を重んじるしかない。これはカナダの辛いところだ。会場に着いてみると、特に女性は皆ドレスアップしていて、とても華やかだった。普段、ラフな格好が多いだけに余計におしゃれに見える。ハレとケとはこういうものなんだろうか。男性陣は研究者という職業柄か、オシャレに興味がない人も多く、普段着のままで来ている人もいたが、足は長いし彫りも深いからそのままでかっこよかったりする。うちの研究所には「日本に来たらモテモテやろなあ」というかなりの男前が何人かいるのだが、日本で彼らを売り出して一儲けできないもんだろうか。ところで日本人女性は外国人にモテるらしいが、日本人男性が外国人女性にモテたという話をあまり聞いたことがない。これは由々しきことだぞ。小学校から英語教育をどうこうなんて言ってる暇があったら、どうやったら日本男児が国際社会でもモテるようになるかを考えたほうがよっぽどマシなんじゃないだろうか。真剣に考えれば、問題が英語そのものにないってことくらいわかるはずなんだが。いかんいかん、こんなカタいことを言っているようではモテないな。僕は結婚しているが、結婚したからと言ってモテようと努力しなくなったらおしまいだと思っている。意識してモテようとせず自然体になるのが一番だという人もいるが、人間なんてのは自然体でいいなどと思い始めたら、ドンドン堕落してしまうものなのだ。自然体とダラダラと力を抜くのとは違うが、見極めは本当に難しいのだ。だいたい最愛の妻の前でかっこつけなくて、誰の前でかっこつけるというのだ。結婚したらより一層かっこつけるべきなのだ。それは決して、本当の自分を出さないとか、妻の前でも気が抜けないとか言うのとは違う。妻こそ自分を映す鏡だということだ。泣きながらだろうが、鼻水垂らしながらだろうが、全力でいろんなことにぶつかっている旦那のことをかっこいいと思わない妻などいないのだ。まあ、言いたいこと言ってるが、くれぐれも僕の妻に僕がどう映っているか問い合わせなどしないで頂きたい。僕、結構打たれ弱いんで(笑)

パーティーでは、この間国際会議で京都に行っていたミケーレといろんな話をした。ソバアレルギーなのを知らずに初めてソバを食べて救急病院に行ったそうだが、それを除けば京都はとても楽しかったらしい。京都がとても好きになった、また行きたいと言っていた。僕は京都に11年住んでいたし、もともと京都が好きで京都の大学を選んだようなもんなので、それを聞いて嬉しくなった。イタリア人である彼の口から"pontocho"(先斗町:ぽんとちょう)という言葉が出てくるのは何だか不思議な感じがしたが、とても懐かしかった。ほんの2年半前まで住んでいたのに、すごく昔のことのように感じる。今度は彼と一緒に行っていろんなところを案内してあげたい。


トップ «前の日記(2006-11-26) 最新 次の日記(2006-12-04)» 編集