トップ «前の日記(2006-10-27) 最新 次の日記(2006-11-26)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2006-11-24 求む、起伏

_ ちょっと飽きてきたなあ

このブログにはどちらかというと楽しいことや、面白い話を書いているのだが、もちろん毎日がそんな楽しいことばかりの連続であるわけはない。仕事での失敗や、海外に住む辛さもいろいろ味わう。たまにはそういうことも書きとめておこう。

最近僕が辛いのは、この町の「田舎さ加減」である。正確には「見所の無さ加減」とでもいうべきか。ウォータールーは隣のキッチナーと合わせて人口30万以上の市なのでそんなに小さい町ではないが、見所はほとんどない。都会でもなければ、歴史的な建物があるというわけでもない。何だかとても「普通」なのだ。治安はいいし、人も優しいから暮らしやすいのがいいところなのだが、退屈の解消は難しい。まあ、そんな町にあるからこそ、うちの研究所はアットホームな雰囲気で、メンバーが家族ぐるみで付き合えるのだが。ただ、友人達と語るといってもちょっと限界がある。僕ももう30過ぎだし、高校や大学の頃のように、友人と馬鹿話だけしていられればそれでいいという齢でもないのだ。ちなみに、これは何も僕だけが感じていることではないようで、ポスドクや院生達も「ペリメーターがオタワにあったらなあ」などと言っていた。僕の研究にとっていい面子がいるのは確かなので、僕としてもペリメーターがオタワとかモントリオールにあってくれたら言うことなしだ。と、ワガママを言ってみる(笑)

日本やヨーロッパでは大学は都市部に作ることが多いわけだが、北米では農学部が出発点だった大学が多いこともあって、土地の余っている田舎に作られた大学がたくさんある。おかげで我々は「研究に専念できていいね」などという「言い訳」を自分に言い聞かせながら過ごすことになる。僕は幸か不幸か、物理だけやっていられればいいという人間ではないので、正直退屈である。また時間を(無理矢理にでも)作って、観光に出かけなければなるまい。学生の「お勉強」には田舎はいいかもしれないが、新しい発想が必要な「研究」には、刺激、というか起伏が重要だと思うのだ。特に、感性を大事にする仕事にはなおさらである。科学に感性とは、妙な組み合わせに感じられるかもしれないが、次世代の科学には絶対必要になるはずなのだ(もちろん、これまでの科学の中にも、情緒溢れ、いい味出してる仕事というのはある)。誤解を恐れずに言い切れば、アメリカが牽引している状況を野放しにしていてはだめなのである。何でもパワーファイトになってしまう。カナダの冬は長い。早くも町はクリスマスの飾り付けがされていたが、それが終わってから3月くらいまで、イベントはないのだろうか・・・。


トップ «前の日記(2006-10-27) 最新 次の日記(2006-11-26)» 編集