トップ «前の日記(2006-09-27) 最新 次の日記(2006-10-09)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2006-10-02 ハロウィンが近づいてきました

_ 日本食でおもてなし(妻が)

この土曜日は、シドニーでスタッフのポジションを得たポスドクとその奥さん、そして2歳になる彼らの子供をうちに呼んで一緒に食事をした。彼らはロシア出身で、17歳ぐらいの頃にイスラエルに移住し、3年前にペリメーター研究所にやってきたそうだ。なので、彼らはロシア語、ヘブライ語、英語が話せる。奥さんは日本語もちょっとだけ勉強したことがあるらしく、少し話せるようだ。それにしても何ヶ国語も話せる人って本当にたくさんいるな。8ヶ国語話せるという人もいるのだが、何しろ僕がその言葉を知らないのでどのくらい話せているのか判断しようがない。

イタリア人、ポルトガル人、スペイン人の友達は「言語そのものが似ているから、特に互いの言葉を勉強しなくてもゆっくり話してもらえば何を言っているかわかる」とも言っていた。ラテン語から派生した方言なんだもんな。羨ましい話だ。

ポスドクの彼はキックボクシングをやっているので、その縁(?)で僕はこっちにきてすぐ仲良くなった。格闘技や武道をやってるやつも研究所には多い。ざっと数えただけで10人以上はいる。空手、柔道、合気道、キックボクシング、テコンドーなどなど。基本的に体を動かすのが好きな人が多いので、何かしらスポーツはやっているようだ。やはり物理はストレスが溜まるようだ(笑)。スポーツが嫌いだと断言していたのはミケーレくらいのものだ。その「我が道を行くっぷり」もいいな。僕のように、サッカーなんて何年もしたことないし、特に好きでもないのに誘われるままに参加してしまう、断れない日本人とは大違いだ。女性でもキックボクシングをやっている人が2人いるのだが、そのうちの1人が「私はストリートファイトが好き」と言っていた。あれは「ストリートファイターズが好き」の聞き間違いだろうか。「ホーリーランド」している女性はまだ見たことがないが、もし本当なら見てみたい気もちょっとする。ただし遠目から。

_ ハロウィンへ向けて

今月末はハロウィンということで、日曜にはカボチャ農園に行ってきた。キッチナー(ウォータールーの隣町。というかほとんど一体)にお住まいの日本人の方にお誘い頂いたのだ。着いてみて驚いた。カボチャでけえ。色も形も多様。と思ったら、この農園で売っていたのはカボチャだけでなく、いわゆる squash (瓜) 一般だった。gourd (瓢箪)も売っていた。食用のカボチャは2〜3種で、ほとんどがハロウィンの飾り用らしい。

僕らもカービング(ハロウィンのときに、カボチャにお化けの顔を彫るやつね)用にオレンジのカボチャをいくつかと、食べるために一番甘い種類のカボチャ(日本のものとたぶん同じ種類)を買った。僕らはマンションに住んでいるので子供達がハロウィンに家にやってくることは無いのだが、普通の住宅だと近所の子供達がまわってくるのだそうだ。僕はてっきりそんな風習は昔の話で現代っ子はやらないのだと思っていたのだが、今でもハロウィンは人気のある行事なのだそうだ。ペリメーターでもパーティーをやるらしい(またも!)が、そのときはみんな仮装するのだそうだ。僕もしないといけないんだろうか。

買って帰ったカボチャで妻が煮物を作ってくれたが、日本のカボチャと甘みも変わらずうまかった。カボチャの煮物は小さい頃に僕のひいおばあちゃんがよく作ってくれて、僕の好物だったものだ。ひいおばあちゃんが「みつ」で妻が「みつこ」なのも何かの縁か。

画像の説明画像の説明変な形のカボチャに目を瞠る俺大きいカボチャ

トップ «前の日記(2006-09-27) 最新 次の日記(2006-10-09)» 編集