トップ «前の日記(2006-08-25) 最新 次の日記(2006-09-16)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2006-09-15 アイスワイン

_ 1年ぶりのナイアガラ

また長いこと更新をサボっていたらこんな時期になってしまった。昔からそうだが、本当に僕は物事が長続きしないな。「継続は力なり」か。まったくだ。肝に銘じよう。

さて、もう1週間くらい前のことだが、先週の日曜にナイアガラオンザレイクという町に行ってきた。ここはアッパー・カナダ(現オンタリオ州)の最初の提督官邸が置かれたところだそうだ。150年ほど前に建てられた建物が多く並んでいて、綺麗な街並みだった。日本人観光客もたくさん来ていた。この町の周辺にはワイナリーが数多くあり、僕らもここの特産品であるアイスワインを買った。アイスワインとは、原料となる葡萄を寒い時期まで収穫せずに取っておくと、凍ったり溶けたりを繰り返すことでその水分が飛んでしまうのだが、その葡萄の濃厚なエキスを集めて作られるワインのことだ。そんなワインだから味はとても濃厚で甘みが強い。酒好きな人にとってはどうなのか飲めない僕としてはわからないのだが、僕のようにアルコールの匂いもだめな人間でもこのワインならジュースのようで受け入れやすい。まあ、結局は酒なので僕はなめるくらいしか出来ないのだが。

凍った葡萄からは通常の葡萄の8分の1程度しか果汁が絞れないことや、葡萄を虫や鳥などから守って寒い時期まで保存しなければならないこと、そして凍っている間に果汁を絞るため、収穫は真冬の早朝に手作業で行われるといった理由から、普通のワインに比べるとちょっと割高である。アイスワインはウォータールーの酒屋さんでも売っているのだが、赤を見たことがないのでこの町では赤を買ってみた。店の人が言うには、赤は作るのが難しく、量が少ないのだそうだ。ちなみに味も白と赤ではだいぶ違った。赤の方がフルーツの香りが強く、何故かわからないが苺の匂いがした。

ナイアガラオンザレイクを散策した後は、久しぶりにナイアガラの滝を見に行った。ここは去年の夏に学会でトロントに来たときに見に行って以来である。ボーっと眺めながらのんびりした。1ヶ月ほど前にヒューロン湖に行ってから、このところは土日も毎日職場に詰めっぱなしで、平日も深夜2時くらいに帰ってくる生活を繰り返していて疲れていたので、いい休みになったと思う。


トップ «前の日記(2006-08-25) 最新 次の日記(2006-09-16)» 編集