トップ «前の日記(2006-07-23) 最新 次の日記(2006-08-14)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2006-08-06 幼少の砌に・・・

_ 山の朝がどうも好きになれない

結婚し家庭を持ってみると、自分の小さい頃のことをよく思い出すようになった。僕の実家の家族は旅行が好きで、ちょっとした連休でもすぐ出掛けたものだった。旅では寺社仏閣を訪ねることがとても多く、山奥まで行くこともしばしばだったので、電車や飛行機だと不便で、旅行はいつも車だった。渋滞を避けるため夜中に出発することが多かったのだが、子供だった僕や妹達にはそれがとても楽しみで、車の後部座席のシートを倒して布団を引き、そこで騒ぎながらドライブするのがたまらなかった。今にして思えば、父も母も夜中に出掛けることは楽しかったのではないだろうか。朝の空気に感じる「嘘くさいすがすがしさ」に比べたら、夜中の「ただじゃ終わらない感じ」の方がいいに決まっている。どうして朝の空気、特に山の朝の空気は「余計なおせっかいをしておいて、自慢げな表情すら浮かべている勘違い野郎」に似ているのだろう。

日帰りの温泉旅行も多かった。僕が中学に入るか入らないかくらいの頃は特に頻繁だった。今から20年くらい前のことだ(と、書いて時間の経過にちょっと驚いた)。毎週土曜には出掛けていたような気がする。今でこそどこに行ってもスーパー銭湯やその他様々なレクレーション施設があるので、「仕事帰りにちょっと温泉」とか「今日は家の風呂じゃなくて温泉でも行くか」なんてことが簡単に出来るようになったが、当時はそういった施設はほとんどなく、温泉地に住んでいるならともかく、普通は温泉と言えば旅館に泊りがけで行くものだった。しかしうちの実家は長野市なので、野沢温泉など近所の温泉地には1〜2時間もドライブすれば着いてしまう。泊まるほどではないが、毎週行くにはちょっとめんどくさいという微妙な距離なのだ。にも拘らず、うちの家族は毎週のようにどこかの温泉地に行っていた。時にはちょっと足を伸ばして諏訪温泉あたりに繰り出すこともあった。土曜にある温泉に行き、翌日の日曜にまた別の温泉に行くということもよくあった。群馬の草津温泉に行った翌日に今度は長野県を挟んで反対側の岐阜のどこかに行ったこともあったように思う(あれは恵那峡だったか。そして帰りに松本の浅間温泉に寄ったのではなかったかな)。まあとにかく思い付きですぐ出掛ける家族で、非常に欲張りだったとも言える。3連休に3日とも違う観光地に旅行するようなこともあったのだ。

僕はこのやり方を大学時代も踏襲していた。友人と旅行に行くときも夜中に出発し、朝方ひとつめの目的地、午後にはまた別の目的地というスタイルでよく出掛けたものだ。夏休みには、午前中は海、午後からはテーマパークに繰り出すというのがお気に入りだった。1日が終わる頃には本当にくたくたになるわけだが、それがまたたまらなく良かった。

ちなみに僕は仕事のスタイルも激務をこなすという方が好きだったのだが、これは最近ちょっとずつ変わってきた。勉強というやつは激務スタイルでも何とかなるようだが、研究というのはそう甘くないようだ。大事なのはむしろメリハリなのだと思う。異常に濃密な時期と、ほとんど完全に空虚な時期とが入り混じらないといけないのではないかと思っている。ひょっとしたら「毎日続けるのはやめたほうがいい」のかもしれない。というか、そもそも「完全にやらない」のはおそらく無理で、やっていないつもりでいても、頭のどこかにはそのことがこびりついて考えが動き続けている。そのとき一気に進むような気がするのだ。先生についているときなどは毎日でもいい気がするが、特にひとりでやるときは自分の中でそうしたメリハリを作った方がいいように思う。もちろん、やるべきことがはっきりしていてただまっすぐ行けばいいだけのときは馬力だけでがむしゃらに進めばいい。僕はこういうのを「無酸素研究」と呼んでいる。研究における無酸素運動である。

カナダに来てからはまだ強行軍的旅行はしていないが、ようやく生活にもリズムが出てきたので近いうちにやろうと思っている。まだ僕は妻と2人家族なので必要ないが、そのうち子供が出来てちょっと大きくなってきたら車の後ろのシートを倒して布団を敷いて旅行に連れて行ってやろうと思う。きっといい思い出になる。それから、親も連れて行ってあげたいと思っている。今自分がカナダにいて、すぐに親を連れて行ってあげられない環境なのはちょっと残念だが、2年もこっちにいるのだから、そのうちカナダを案内すればいいか。こっちに住んでいる日本人の人は皆、口を揃えて「親や親戚が来るたびに行くので、ナイアガラの滝は何度も行くことになるよ」と言っていた。きっと僕らもそうなるだろう。そのときは強行軍ではなく、のんびり出掛けることにしよう。


トップ «前の日記(2006-07-23) 最新 次の日記(2006-08-14)» 編集