トップ «前の日記(2006-06-10) 最新 次の日記(2006-06-14)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2006-06-11 爽やかに

_ 俺らしくもない

ペリメーターの連中がやたらと余暇を楽しんでいることはしょっちゅう書いてますが、その楽しみのひとつにサッカーがあります。毎週木・日曜に研究所の隣のウォータールーパークでサッカーをしているのです。一緒にやろうと僕も誘われていたのですが、どうも球技は苦手なもので今まで避けてました。しかし、「今週は計算に集中していたせいであまり皆と遊んでないな」と、ふと気付き、試しに行ってみることにしました。僕のことを知っている人、僕がサッカーだなんて何て似合わないんだとお思いでしょう。

行ってみると研究所の連中が7〜8人すでに集まっていました。驚いたのは皆サッカー用のスパイクを履いていること。ジャージもサッカー仕様。本格的じゃないですか。俺なんか体育の授業でしかしたことないのにいいのかな、と思っていました。

早速二手に分かれてゲームしようということになったのですが、合計人数が奇数。するとたまたま隣でやっていた見ず知らずのおっちゃん達の人数も奇数だったので、声を掛けて一緒にやることに。こういうノリなのか。

高校時代以来、久々のサッカーでしたが、結構楽しいもんですね。ついつい熱くなっちゃいました。と、最初は楽しんでいたのですが、途中で気付きました。なんか人数増えてねえ?ってか、あいつ誰?スローインしようとしたら見たことない人達がボール取りに来るし、ノリノリで「パ〜ス!」とか言ってくるし。そう、何だか知らないけどドンドン人が参加しだして、最終的に30人くらいに。サッカーって15人対15人だったっけ。しかも単なる公園でやってるからピッチ小さいし。もうちょっと考えようね、みんな。


トップ «前の日記(2006-06-10) 最新 次の日記(2006-06-14)» 編集