トップ «前の日記(2006-05-31) 最新 次の日記(2006-06-10)» 編集

奮闘記

2006|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|07|

2006-06-04 野外トランプ

_ ハイキング

今日は妻と、僕らが仲良くしているペリメーターのポスドクとその彼女カップルとでハイキングに行きました。ウォータールーから高速を使って20分ほど行ったところにある Crawford lake というところです。ここは13〜17世紀ごろ、Iroquoian (イロコイ族)という民族(正確には様々な民族の連合体とのこと)が住んでいたところです。彼らが住んでいたのは Longhouse と呼ばれる長い住居で、それが再現されていました。Longhouse はカマボコのような形で、壁は木の皮で作られていました。中には4つほど火を起こす場所がありました。再現されていたLonghouse は最大40人くらいが住める家とのことでしたが、中には100人くらい住める大きな家もあったようです。Crawford lake にあった村には、15世紀中頃250人ほどの人が住んでいたらしいです。

僕は大の博物館好きで、博物館の中で寝泊りしたいほどあの感じが好きなのですが、中でも歴史博物館、さらには「再現系」が大好きなのです。そんなわけでひとり興奮していました。確かに北米大陸は、ヨーロッパ人が発見してからはさほど時間が経っていないわけですが、それ以前の歴史もちゃんと含めて味わえば、我が国日本の歴史と同様に面白いわけです。せっかく来たので、これを機会にこちらの歴史も学んでいきたいと思っています。

_ なんと爽やかな

蚊に悩まされながらも、湖の周りを散策して、昼食はおむすび(もちろん三角)を食べました。僕らの横でフランス人のポスドクはパンにチーズとハムをはさんで頬張っていました。さすがにワインは飲んでいなかったのですが、デザートにブドウを食べてました。

その後、広場でなぜかトランプ。「大富豪」をえんえんやりました。大富豪はこっちでは Asshole (ケツの穴)というそうです。日本でいう大貧民(最下位の人)のことを asshole と呼ぶんだそうです。ちなみに大富豪(一番勝った人)は millionaire ではなく president だそうです。にしても、屋外でトランプは初めてでした。カナダに来てから友達の家で集まるとトランプすることがよくあるんですが、実に10年ぶりくらいですかね。ものすごく懐かしい感じがしました。先月ハイキングに行ったときにはサッカーボールも持って行ってたし、なんて爽やかなんでしょう。まるで自分じゃないみたい(笑)。


トップ «前の日記(2006-05-31) 最新 次の日記(2006-06-10)» 編集